セミナーイメージ
失敗しない会社案内・パンフ制作

POINT FOR NOT FAILING

会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える
販促ツール制作で失敗しないためのポイント
セミオーダープラン
  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 会社案内制作のデザイン費

会社案内制作のデザイン費

デザイン費用イメージ

会社案内の制作で、お客様に話を伺うと

「会社案内は良いものを作りたいので、デザインには予算をしっかり掛けて作ろうと思ってます」

などと言われる方が稀にいらっしゃいます。

そもそも会社案内の制作におけるデザイン費について

デザインが良い = デザイン費が高い

という方程式は成り立つのでしょうか?

良いデザインはデザイン費が高い?

デザインをするPCの環境やアプリケーションの基本スペックには、さほど大差はないかと思います。

それにデザインは料理などと違って、食材(素材)による差はないはずです。

誤解を恐れず「デザイン」という一部分だけにフォーカスして言えば、全ては技術とセンスの問題です。

自身の感性やセンス、そして自社のブランドイメージを表現できる感性のと合うデザイン会社、あるいは思い描くイメージを具現化してくれるデザインナーに出会えれば

デザイン費 × 良いデザイン

なんていう方程式は成り立たないはずです。

ブランディングとしての高いデザイン費

例えば、大手企業の○○社のデザインを手掛けたデザイナーさんにデザインをお願いした、○○の賞を受賞したデザイナーさんにお願いした等、そういった話題性としてニュースを含めたブランディング的な意味合いでの発注はもちろん理解できます。

いわゆる売れっ子デザイナーさんに発注すれば単価は高いのは当たり前ですね。

ですが一切の前情報もなく、純粋にデザインだけを見てその金額に見合っただけの大きな違いが分かるのでしょうか?

以前に話題になった東京オリンピックのロゴ問題が良い例ですね。

広告制作のデザイン会社で
「ウチはデザインがイイんで価格が高いんですよ~」
なんて言う制作会社はいかがなものでしょうか?

やはり会社案内もパンフレットも「かっこいい」というビジュアル的な側面より、「反応・反響が上がる」 という効果的な側面に注力して作成されることをオススメします。

関連記事
かっこいい会社案内
デザイン制作会社の違い
会社案内の印刷部数の決め方

  • セミオーダープラン
  • ポケットフォルダー
  • 価格表
  • デザイン制作事例

お問い合わせ