会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

顧客目線に立ったパンフレット制作

パンフレット制作の際、ゴール(目的)の設計をしっかり検討するよう、前回の記事「パンフレット制作を行う上での重要なポイント」で綴らせていただきました。


そのパンフレットを受け取る読み手(顧客やユーザー)がちゃんと読み易いか、そして文章量は多すぎず適切な量なのか、非常に頭を悩ませるところです。


そもそも、紙面に文字がビッシリと書かれたパンフレットって顧客目線として読み手に立った場合、読みたくなりますか?


正直、文字量だけで目にうるさく、読む気が萎えてしまいます。


その業種・サービスに全くの素人や無知識の方がパンフレットを読むだけで全てを理解し、そのまま受注やお申し込みへ繋がるなんてことはまずありえません。

パンフレット制作で一番重要なポイント

残念ながら、顧客のコンバージョン(成約)までのハードルはもう少し高いでしょう。

ではパンフレットを作ることは無意味なのか?

もちろん、そういうわけではありません。


パンフレット一冊で受注や制約を促すから無理があるのであって、例えばパンフレットを見た方に、まずは「気になってもらう」というのをゴール設計にすればハードルは格段に下がります。


「気になってもらう」、あるいは「問い合わせをもらう」ということです。


もしそういったゴール設計であれば、細かい情報は必要なくなります。

その商品・商材の強みのポイントを抜き出したキャッチコピーだけで設計できるかもしれません。


コピー(テキスト内容やコンテンツ)は言葉を増やすより、減らすほうが大変と言われるように、いかに簡潔に、要点だけを伝えて、期待感を膨らませることができるか。


それがパンフレット制作で一番重要なポイントかもしれません。


企業目線で顧客に対して「読ませるコンテンツ」というはなく、顧客が自ら「読みたいコンテンツ」、または「読んでしまったコンテンツ」がしっかり顧客のことを考え、顧客目線に立って作られたパンフレットですね。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み