会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

ポケットフォルダーで制作

会社案内やパンフレットのフォーマットに「ポケットフォルダー」というものがあります。


皆さん一度は目にしたことがあるかと思いますが、紙面の中ページの右下にA4サイズの用紙が挿入可能なポケットがついているものです。


最近ではポケットフォルダーで会社案内の作成をされる企業が多くなりました。


それではポケットフォルダーと、通常の冊子タイプではどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

ポケットフォルダーのメリットとデメリット

まずポケットフォルダーの一番の利点は、情報の差し替えが容易に行えるということです。

例えば、役員メンバーの変更や、住所の移転、資本金の増資など、会社概要の変更はよくありますね。


他には、サービスの概要が変わったり、取扱商品や商材が変わったりなどもよくあります。

そのような場合、冊子タイプですと一つの情報の差し替えのために全てを印刷しなおさなければなりません。

ですがポケットフォルダーですと、中身のA4ペラを一枚(あるいはその情報のみ)を差し替えれば済むので、非常にお手軽で経済的です。


そしてポケットフォルダーは一つのパッケージとして成立するため、会社案内以外に自前の営業用資料や、契約書、見積書などを同時に提出する際、一つの纏まりとして、管理・保管してもらいやすくもなります。


こう考えるとポケットフォルダーはメリットばかりですね。


デメリットとしては、やはり通常の冊子タイプと比べ、初回の制作コストが若干割高にはなってしまいます。

ポケットフォルダーは実は経済的

初回の制作コストだけで比べてしまえば、冊子タイプと比べて金額面の差はありますが、長い目で見ると、実は冊子タイプよりも経済的な面もあります。


先ほどご説明した情報の差し替えがあった場合のリスクは非常に少ないので、冊子タイプとの差額は、情報が変わってしまった際の「保険」として考えればそこまで高い金額だとは思いません。


それに新サービスの導入などで情報が増えた場合、新たなA4ペラを一枚追加するだけですので、拡張性や汎用性も非常に高く、冊子タイプとの差額のデメリットは払拭できるでしょう。

2~3年くらいのスパンで考えれば、制作後の修正や拡張などを考えると、恐らく冊子タイプよりもトータル金額で安く収まることは非常に多いです。


これだけメリットが高く使いやすいいフォーマットなので、弊社でも実は非常にオススメをさせていただいております。

ポケットフォルダーの専用ページもあるのでぜひご覧ください。


もし以前に冊子タイプなどで会社案内を作られていたら、次回はポケットフォルダーでの作成も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み