会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン
分類 > 会社案内 作成

会社案内の印刷部数の考え方

会社案内の作成をする際、皆さん初回の印刷部数で頭を悩ませます。


実際、印刷自体は1度の発注でまとめたほうがお安くは済みます。


例えば100部の印刷と、500部の印刷で、5倍の金額は掛からず、100部も500部もほとんど金額は変わりません。


ですが100部を5回に分けて印刷を行うと、5倍の金額になります。

安いからといって大量に印刷するのは結局ムダなご予算になる恐れもあります。

大量に印刷するのは結局ムダ

弊社では会社案内の印刷部数は、だいたい1~2年くらいで配り終える部数をお勧めしております。


理由は大きく分けて3つ


紙が劣化してくる

保存状態にもよりますが、紙が黄ばんだきたり、萎れてきたりということがあります。


情報が古くなる

会社案内に記載した概要やサービスなど色々と変化してくる恐れもあります。

古い情報の会社案内で営業活動をするのは、あまり好ましくありません。


記載内容に変更希望のポイントが現れる

これはほぼ100%と言っても過言じゃありません。

制作過程でどんなに頭を悩ませ、完璧なものを作ったつもりでも、会社案内を配っていく過程や、実際のお客さんの反応などで、「こう作成すれば良かった…」という点が必ずと言っていいほど出てきます。

それを次回の増刷タイミングで修正を入れられると良いでしょう。


上記の3つの点から、1~2年間で配り終える部数での印刷をご提案しております。

そもそも会社案内を作る目的とは?

まとめて印刷を行ったほうが料金が安いからという理由で、会社案内を大量印刷して、5~6年も使い続けている企業もあります。


ですがそういった企業は会社案内を作る目的を「自社のアピールをする」というより、会社案内を「配ること」が目的になってしまうので、あまり好ましいことではありません。

あくまで営業活動の一環であって、何部をいかに安く配れるか?ではないはずです。


次回の記事では実際の会社案内の印刷部数の決め方をお話ししたいと思います。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み