会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

販促ツールのコンテンツの重要性

前回の記事で会社案内やパンフレットなどの販売促進としての販促ツールは、反響が上がらなければ意味がないというお話をさせていただきました。


それでは相互にコミュニケーションが活性化していく「反響が上がるマーケティングツール」はどのように作っていけばいいのでしょうか。


弊社の考える反響が上がるのに必要な要素は3点

  • コンテンツ
  • USP(Unique Selling Proposition)
  • クリエイティブ

上記3つの要素をがしっかりと明記されていることが大前提です。

コンテンツとは

まず1つ目の「コンテンツ」。

コンテンツはいうまでもありません内容の中身の「情報」となる部分です。


会社案内であれば、企業理念や沿革、サービス概要など。
パンフレットやチラシなどであれば、サービス内容や料金、その他もろもろ、お客さんに伝える「情報」の部分を指します。


ひとつ注意しておきたいのが、情報が多ければいいというものではないということ。

あくまで顧客目線で読み手のことを考え、顧客がどのような情報や価値(バリュー)を求めているのか。

それが非常に重要です。


要するに、御社との取引や、御社のサービスにより顧客がどのような価値を得られるかが重要なポイントになります。


そしてその求めている情報や価値を

  • 分かりやすく表現できているか?
  • 期待値が高められているか?

この2点に尽きます。


そのため、内容をしっかり吟味し、分かりやすく提示する情報の整理・精査が必要です。

次回は ② USP(Unique Selling Proposition)のお話をさせていただきたいと思います。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み