会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

デザインコンペで作る会社案内制作

デザインコンペという方法を用いて、会社案内の制作をされる企業があります。

皆さんデザインコンペってご存知ですか?

デザインコンペとは?

デザインコンペとは、発注前の段階で複数社の制作会社から会社案内のデザイン案を募り、気に入ったデザインを提出した制作会社を企業側が選び、正式に発注するというものです。


企業目線でいえば複数のデザインを見た上で制作会社と契約できるため、リスクが少ないと考えられています(この危険なカラクリは後程)。


なお、弊社はデザインコンペには一切参加いたしません。

なぜならデザインコンペという手法が、クライアントのためになると思っていないからです。

そもそも企業側の求める会社案内における一番の重要視するポイントが「デザイン」というビジュアル面である以上、弊社の考えとは異なります。

弊社はやはり「素敵なビジュアルの会社案内」の作成を行いたいわけではなく
クライアントにとって事業発展のためのツール、すなわち反響の上がる会社案内の作成を行いたいからです。


それでは、なぜデザインコンペがクライアントのためにならないのか。

具体的にお話しさせていただきます。

デザインコンペの危険性

まずデザインコンペへの参加をデザイン会社や広告制作会社に呼びかけ、仮に5社が集まったとします。

クライアントは、事業やサービスの概略やどういったものを作成したいかを、各制作会社の方々にお話しするでしょう。


ですが深い部分での目的や意図までは、きっと5社全てにはお話しできないはずです。

なぜならそれは現実的に時間軸の問題があるからです。

担当の方の時間も労力も考えると、各制作会社に対して伝えられる内容や向けられるエネルギーはきっと1/5です。


例えば、1社のデザイン制作会社と5回打ち合わせをするのと、5社のデザイン制作会社と一回だけ打ち合わせをするのとを比べれば、コミュニケーションの濃さの違いは、一目瞭然ですね。


制作会社はその1/5の表面的な知識を元にデザインをしていきます。

するとどうなるか?


やはり内容の追求や導線の設計などよりも、ビジュアル面での追及しかできなくなります。

デザインの意図の説明や、深いコミュニケーションが取れない以上
そういった表面上の価値で押さざるを得ません。


その薄い表面的な知識の元にデザインされた会社案内に、魅力は感じるのでしょうか?

見た目のビジュアルの良し悪しだけの判断基準で、御社の顔となるツールを仕上げて良いのでしょうか?

コミュニケーションツールのあり方

デザインコンペとは、クライアントとデザイン制作会社が共に作り上げていく相互のコミュニケーションツールではありません。

制作会社がクライアント企業の好みのビジュアルをリサーチし、お伺いを立てながら作る、一方通行のコミュニケーションツールです。


そのように作られた会社案内に、残念ながら中身があるとは思えません。


ではそんなギャンブル性が高く、仕事になるかももわからないデザインコンペに、なぜデザイン制作会社は参加するのでしょうか?

次回はそんなカラクリをお教えします。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み