セミオーダープラン
  1. ホーム
  2. 会社案内制作のお役立ちコラム
  3. 会社案内パンフレットとブランディング

会社案内パンフレットとブランディング

企業イメージ

そもそも企業におけるブランディングとはなんなのでしょうか?
よく勘違いされている方もいらっしゃいますが、もちろん「高級 = ブランディング」ではありませんね。

最近はブランドマネジャーなんていう肩書の方も浸透してきて、いよいよそれぞれの企業でも具体的に考えなければいけない時代になってきました。

今回はそんな企業のブランディングツールとしての会社案内パンフレットのお話をさせていただきます。

企業のブランディングとは?

約束

企業のブランディングとは、その企業が持つ独自の価値観、ビジョン、ミッションを体系的に構築し、外部に伝える一連の戦略的プロセスです。

このプロセスを通じて、企業は市場内での差別化を図り、消費者やクライアントに対して独自のポジショニングを築き上げます。
企業のブランディングの究極の目的は、製品やサービスを単なる物や機能としてではなく、特定の価値や経験として消費者の心に刻み込むことにあります。

ブランディングとは簡単に要約すると

  • お客様に対する約束
  • 一目で認識できる不変的なもの

といったところでしょうか。

「お客様に対する約束」というのはその企業が提供する商材・サービスを、ユーザーが顧客として体験・体感した際に得られるバリューです。

言い方を変えれば、以前お話ししたUSP(Unique Selling Proposition)ですね。

企業ブランディングの重要性

ロゴレイアウト

市場が飽和状態になり、製品やサービスの機能面での差異が少なくなる中で、ブランディングは企業の成功においてますます重要な役割を果たしています。

企業ブランディングは、市場における企業の独自のアイデンティティを構築し、顧客の心に深く根ざすイメージを築くことに重要な役割を果たします。

これは、単にロゴやスローガンを作ること以上の意味を持ち、企業の使命、価値観、そして提供する製品やサービスの質を反映します。

そして強力なブランディング構築は、顧客との間に信頼を獲得し、競合他社との差別化を実現し、市場での認知の高まりと共に、消費者の選択の決定要因となり、価格競争から一歩抜け出すことを可能にします。

結局のところ、効果的なブランディング戦略は、企業が市場内で持続可能な成長を達成し、長期的な成功を確保する上で不可欠です。

顧客の期待に応え、時代の変化に対応する柔軟性を持つブランドは、絶えず進化する市場環境の中で生き残り、繁栄することができます。

セミオーダープラン

会社案内パンフレットとブランディング

会社案内パンフレット

会社案内パンフレットは、企業の具体的な情報を伝えるツールです。
これには企業の歴史やビジョン、ミッション、主要な製品やサービスなど、顧客に対するプロフェッショナリズムと信頼性を表します。
一方で、ブランディングはこれらの具体的な情報を超えた、企業の普遍的な価値を形作るプロセスです。

ブランディングは企業の独自の価値の提案と、市場における立ち位置を定義し、顧客の心理に深く根ざした印象を植え付けることを目的としています。

ブランディングの啓蒙

会社案内パンフレットとブランディングは、互いに補完し合う関係にあります。

ブランディングは企業の核となる価値観やアイデンティティを明確にし、それを会社案内パンフレットを通じて具体的な形で伝えることができます。
そしてブランドの物語を伝え、ブランドの人格を形作り、啓蒙していく事に役立ちます。

つまり、パンフレットはブランディング戦略の一環として機能し、ブランドのビジョンや価値観を視覚的にも言語的にも表現する手段となります。

成功するブランディング戦略

成功するブランディング戦略は、一貫性と継続性が鍵です。

会社案内パンフレットは、このブランド戦略を具現化する最初のステップの一つであり、企業のブランドアイデンティティを顧客に伝えるための重要な接点となります。

そして「一目で認識できる不変的なもの」として、ロゴ、イメージカラー、トーン&マナーなど、その企業や商材・サービスを一貫性を持って表現することで、視覚的なアイデンティティが強化され、顧客の記憶に残りやすくなります。

企業のイメージとのバランスを考える

企業イメージ

会社案内パンフレットとブランディングは、企業が市場でどのようにポジションを取り、そして認知されたいかを反映します。
よく練られたブランディング戦略は、競合他社と差別化し、独自の価値提案を伝えるために不可欠です。

そして「企業のブランディングツール」としての会社案内は、記載する内容はもちろん重要ですが、ビジュアル的な要素や体感的な要素も非常に重要なため、予算をしっかり掛けて作られることをオススメします。

例えば、商材が非常に高級にもかかわらず、チープな質感の会社案内パンフレットだったり、ブランドカラーが仮に青にもかかわらず、紙面は緑でデザインされていたり。

残念ながら、それでは企業のブランディング構築は成り立ちません。

会社案内パンフレットを「企業のブランディングツール」として活用するのであれば、その企業の業種やサービスに見合った会社案内で 顧客がその企業のイメージを喚起できるものを作ることが重要ですね。

顧客体験をしっかり演出してあげましょう。

  • セミオーダープラン
  • ポケットフォルダー
  • 価格表
  • デザイン制作事例
お問い合わせ