ポケットフォルダー

ポケットフォルダー

POCKET FOLDER

ポケットフォルダーで作る会社案内

  1. ホーム
  2. ポケットフォルダー
様々な情報を1つのパッケージに纏めることができ、
情報の差し替え簡単にできる大変人気のフォーマットです。

中面右ページにポケットが付き、A4サイズの書類を入れられる会社案内の作成では大変人気のあるフォーマットでもあるポケットフォルダータイプ。
カバーフォルダやタトウなどとも呼ばれます。
ですがやはり制作コストが通常の冊子タイプに比べれば高く、冊子タイプへと妥協している企業も多いことかと思います。
初期コストだけをみればもちろん若干割高ですが、長い目で見ると実はランニングコストは通常の冊子タイプに比べて、費用が掛かり辛いフォーマットでもあります。

会社案内をポケットフォルダーで作成するメリット

情報の差し替えにコストが掛からない

会社概要や沿革、または事業サービスなど何かしらの情報の変更があった場合、通常の冊子タイプの場合は全て丸ごと印刷し直さなければなりません。
ですがポケットフォルダータイプなら、中身のA4ペラのみを一枚差替えれば済むので、コストが非常に抑えられ、あまり大きな予算を掛けずに常に最新の情報へと更新することも可能です。

見栄えが良く、会社のブランディングへと繋げやすい

ポケットフォルダータイプは通常の冊子よりも厚い用紙で作成し、中に複数枚の用紙を挿入するため、手に取った際に体感的に非常に重厚な印象になります。
そして一つのパッケージとして収まるため、企業のイメージを一本化しやすく、ブランディング構築もしやすくなります。

汎用性が高く、継続的に使用することができる

新サービスや新事業など、会社に新たな転機があっても、新たな情報となるA4ペラを追加するだけでOKです。
そのため汎用性と拡張性が非常に高く、会社案内の情報を常に最新の状態に保つと共に、過去の情報に縛られることなく、新たな事業展開の際にも有効に活用できます。

リアクトのポケットフォルダーはリーズナブルでハイクオリティー

中身のA4ペラとの同時発注でさらにお得!

A4ペラとの同時発注大幅お値引きいたします!

よくあるご質問

Q.片面印刷と両面印刷の違いを教えて下さい。
A.片面印刷は表紙と裏表紙のみの印刷となります。
なお、ポケット部の印刷は片面印刷の扱いでも可能です。
両面印刷は見開いた際の中面の左右のページ内にも印刷した場合となります。
Q.ポケット部に名刺が入る切れ込みを入れたいのですが可能でしょうか?
A.はい、可能です。
名刺の切れ込みの作成は、オプション費用を頂戴せずにサービスでお入れしております。
Q.変わった形状のポケットフォルダーの制作は可能でしょうか?
A.はい、可能です。
その場合、新たに「抜き型」を製作しなければならないため、別途費用が発生いたします。
新規の型代は約30,000円~50,000円前後となります(サイズや形状によって異なる)。
※通常は弊社の用意する抜き型で加工をするため、型代は発生いたしません。
Q.見開いた左右の両方にポケットを付けることは可能でしょうか?
A.はい、可能です。
その場合、別途オプション費用を頂戴しております。
Q.8ページや12ページの冊子タイプの巻末にポケットを付けることは可能でしょうか?
A.はい、可能です。
その場合、別途お見積もりをさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。
  • セミオーダープラン
  • 価格表
  • デザイン制作事例

お問い合わせ