セミナーイメージ
失敗しない会社案内・パンフ制作

POINT FOR NOT FAILING

会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える
販促ツール制作で失敗しないためのポイント
セミオーダープラン
  1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. A4ペラ1枚だけで作る会社案内

A4ペラ1枚だけで作る会社案内

情報のまとめイメージ

会社案内といえば通常は冊子タイプや折りパンフレットの形状、あるいはポケットフォルダータイプなどで作るのが一般的なフォーマットです。

いわゆる表紙があって、中ページがあって、裏表紙があって、というものですね。

ですが稀にA4ペラ(A4の一枚ものを表します)の一枚のみで作成を希望される企業様もいらっしゃいます。

確かに記載する情報の量としては見開きの4ページタイプとあまり変わらないかもしれません。
上記にも記した「表紙があって、中ページがあって、裏表紙があって」の中ページのみということですね。

表紙と裏表紙さえなければ確かに情報量は2ページ分なので、A4の裏と表で紙面は足りるかもしれません。

A4ペラ1枚だけで作る会社案内のメリットとデメリット

まずメリットとしては間違いなく価格の面ですね。
表紙と裏表紙がない分、デザイン費も2ページ分減りますし、印刷費用も若干ですが抑えられることでしょう。

価格面だけを見れば単純に情報量(質量・ページ数)の分だけ安価にはなります。

それではデメリットはどんなことがあるでしょうか?

それは一般的な冊子タイプや折りパンフレットのタイプと違って、間違いなくチープに見えるということです。

表紙がないだけで本当にチープな印象になります。
一見するとチラシのようにも見えてしまうためでしょうか。

情報のまとめ方や見せ方にもよりますが、会社案内とパンフレットの境目は非常に曖昧です。
A4のパンフレットはやはりチラシ(フライヤー)というイメージが一般的な認識です。

自社を紹介する大切なツールが「チラシ(フライヤー)」まで格落ちするわけです。

会社案内を作る目的とは

会社案内とは「自社をいかに魅力的に伝えるか」が一番重要です。
会社の情報を記号として伝えるだけならコピー用紙でも構わないはずです。

取引先に対して「これからお付き合いをしていきましょう」という思いを伝えるツールが、こんなチープで簡素なものというのはいかがなものかと思います。

いくらデザインを凝ってもやはり印象は変わりません。
これは理屈ではなく感覚の問題ですね。

以前の記事でもお話しさせていただきましたが、会社案内は「いかに安く作るか」が目的ではなく、「いかに顧客から反響を得られるか」が一番のポイントです。

もちろん限られた予算の中で制作されるものなのでお気持ちは分かりますが、予算をケチったがゆえに反響を得られなければ何の意味もありません。

渡す側の感性ではなく、受け取る側の顧客目線が非常に重要です。

もしA4ペラで制作をご検討の方は、いま一度考え直されることをオススメします。

関連記事
会社案内が手軽に作れるセミオーダープラン
会社案内やパンフレットの制作費
三つ折りリーフレットで作成するパンフレット

  • セミオーダープラン
  • ポケットフォルダー
  • 価格表
  • デザイン制作事例

お問い合わせ