会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

会社案内制作の際の社内稟議書の書き方

営業部隊や現場の担当者レベルでは、顧客に対して会社や事業を紹介する営業ウェポンとして、会社案内やパンフレットを作りたいと思っている方は多数いらっしゃいます。

でも経営トップはそれを良しとしていない・・・。


現場の方からそんなお話しやご相談をよくいただきます。


そこで今回はちょっと変わったコラムとして、社内で会社案内やパンフレット作成をプレゼンするための「稟議書の書き方」をご紹介したいと思います。

稟議書の重要な3つのポイント

稟議書の書き方の重要なポイントは3つ。

  • ポイントを絞って簡潔に記述すること
  • なぜ会社案内やパンフレットが必要なのか?
  • 予算と費用対効果を具体的に表す

この3つのポイントの注意しながら下記の要素を書き出して文書化していきましょう。

稟議書に必要な5つの項目

題名

題名の例として「会社案内の制作について」などではなく、 「営業促進に伴う会社案内の制作について」など、「目的=会社案内の制作」ではなく、目的はあくまで営業促進、会社案内はあくまで手段となるような考え方を持ちましょう。


稟議の内容

なぜ営業促進を行う上で会社案内やパンフレットが必要なのか?
営業を行う上での具体的な背景を記述しましょう。
ライバル他社との比較を出してもいいかもしれません。


制作することによる効果

会社案内やパンフレットを顧客に渡すことにより、どのような効果が得られるのか(外的要因)、もしくは会社案内やパンフレットがあることにより、どのように営業の手法や営業フローが変わるのか(内的要因)。
それらを分かりやすく簡潔に記述します。


予算

まずはどれくらいの頻度で会社案内やパンフレットが捌けていくのか?(会社案内の印刷部数の決め方
そしてどれくらいの情報量やページ数が必要で、どのようなフォーマットで仕上げたいか?

もし分からなければ、このあたりは制作会社に問い合せても良いかもしれません。
(ぜひ弊社にお問い合わせ下さい。笑)
おおまかな見積なども添付できると、より具体的でいいですね。


各種資料

競合他社の実際のサンプルや、制作会社のホームページなどを調べてプリントアウトしたものなど、より具体的に社内の上席の方々がイメージできる資料があるといいでしょう。


ちなみに、競合他社の会社案内や営業用のパンフレットの現物を多く手に入れたいのであれば、展示会やビジネスフェアに行けば、掃いて捨てるほどのサンプルが手に入ることでしょう。


以上、いかがでしたでしょうか?

上記を踏まえて社内で稟議を通し、ぜひ会社案内やパンフレットの制作に取り組んでみてください。

きっと営業促進やビジネスの幅が広がるはずです。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み