会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

会社案内やパンフレットに挿入する画像

会社案内やパンフレットの制作過程でよくつまづくのが、紙面に記載する画像に関してです。

例えば社長のお写真や社屋の画像、商品やサービスなど、画像といっても多種多様にあります。


やはり文字情報だけの会社案内やパンフレットよりも、画像を効果的に挿入することにより、見やすく華やかな印象になります。


弊社としても、その企業やサービスを一目で認識できる画像の挿入はオススメしています。


ですが一言に「画像」といっても、紙面で使えるものと使えないものがあります。

それは画像の「解像度」の問題です。

画像の解像度と印刷物の関係

よくお客様より

「弊社のホームページに商品画像が記載されてるんで引っぱって使って下さい」

なんてことを言われます。


ですが残念ながらホームページから転用された画像は解像度が非常に低く、印刷には適しておりません。


ここからは軽い技術的なお話ですが、
一般的に印刷物に必要な画像の解像度は、原寸使用で300dpi~350dpiといわれます。


それに対して、WEBサイトの画像は全てが72dpiで統一されています。


dpiってなんだ?とお思いの方もいるかと思いますが、これは解像度を表す単位です。


印刷物(紙媒体)とWEBサイト(ホームページ)では、単純に5倍くらいの解像度の違いがあるんです。


5倍の解像度の違いというと、どれくらい画像が荒れてしまうのか?

下記に参考の画像は挿入いたしました。

サンプル画像1 サンプル画像1(低解像度)

サンプル画像2 サンプル画像2(低解像度)

左の画像に対し、右は1/5(20%)の解像度です。

1/5の解像度の違いでこれくらいの差が出てきます。


少々大げさには作りましたが、ホームページから転用した画像を印刷に使用すると、簡単にいってしまうと上記のような紙面になってしまうということです。

ホームページの画像は非常に解像度が低い

ですので、ホームページからの画像の転用は非常に危険です。
(よく個人経営のお店などで作られたチラシなどにお見受けしますが…)


せっかく良い情報を纏めて分かりやすいレイアウトでデザインが出来たとしても、画像一枚のお蔭で紙面もチープな印象で台無しです。


もし記載したい画像などがありましたら。印刷にしっかり使用できるものなのかどうかを制作会社に問い合わせることをオススメめします。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み