会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

パンフレットとホームページの関連性

前回の記事「顧客目線に立ったパンフレット制作」で、パンフレットのコンテンツをいかに纏めるかというお話をさせていただきました。


パンフレットはやはり紙媒体という性質上、情報を増やすとなると、ページ数を単純に増やすか、もしくは情報をの量を詰め込んでいくかの、いずれかしかないんですね。


でも前回お話ししたように、1冊のパンフレットの中に文字情報を詰め込んでも、煩雑になるだけで読み易いパンフレットとはいかず、なかなかターゲットに読んでもらえません。


やはりパンフレットではまず、その商材・サービスを気になってもらうという最低限のところに留め、細かな情報や深い啓蒙はホームページを活用するのが非常に効果的です。


ホームページであれば、導線の設計さえちゃんと行えばページ数の縛りはありません。

しかも導線の設計も非常に構築しやすい媒体ですね。

WEBと紙媒体のメディアミックス

ですがパンフレットを見たからと言って、そう簡単にホームページへも誘導できません。


そこでホームページとのメディアミックスにおいて絶対に入れなければならないのがコレ

検索窓

いわゆる「検索窓」のデザインです。


上記は参考までに弊社の社名ですが、この検索ワードで検索エンジンのトップに出ます。


パンフレットで導入部の啓蒙を計り、ホームページで詳細を伝える。

あるいは申し込みや受注を促す。


実は単純なようで、意外にこの「検索窓」のデザインを入れていないパンフレットや会社案内が非常に多いです。


皆さん暇ではないので、残念ながらわざわざURL(http://www.~)を直接打ち込んで、ホームページには来ていただけないでしょう。


ホームページへの誘導を促したければ「検索窓」のデザインはマストでお入れください。


なおパンフレットや会社案内からホームページへ促す場合、その紙媒体以上に、WEBサイトに情報が充実してるのが前提です。


やはり紙媒体とホームページを使ったメディアミックスは現代のマーケティングでは必要不可欠な要素かもしれません。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み