会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

目立つ会社案内やパンフレットの作り方

各種展示会や新卒向けの会社説明会など、様々な企業が一堂に集い、会社案内やパンフレットが一斉に撒かれるシチュエーションがあります。


そういったシチュエーションで使用される販促ツール制作のご相談をいただく場合、やはり皆さん他社よりなんとか目立つものを作りたいということで頭を悩ませています。


まず根本的な考え方として、デザインというビジュアル上の「表現」だけでは、インパクトや印象を残すことはまず不可能かと思います。


デザインというのはやはり感性に訴える正解のない領域です。

デザイン(ビジュアル)などの感覚に訴える部分では、手に取る方々それぞれの感性や感覚に響くか響かないかで判断されてしまいます。


そういった感覚や情緒的な部分での差別化では、なかなか差別化は難しいのではないでしょうか?

予算を掛けずに差別化を図るには

本当に差別化を図るのであれば、それではそういった感性の領域ではなく、やはり物質的な差別化が一番わかりやすいでしょう。


潤沢な予算があれば紙質や材質で差別化を図ることも可能ですが、大手企業でない限り、なかなかそういうわけにもいきません。


そこで弊社でご提案させていただいている手法は、サイズを変えるという差別化です。


一般的に、会社案内やパンフレットの基本サイズはA4サイズです。

9割以上がこのサイズではないでしょうか。

そこでこのサイズを変更してしまえば、単純に目立つということです。

例えば正方形だったり、サイズが一回り大きい・小さいなど。

所謂、定型外の形で制作をしてはいかがでしょうか。


過去にA4より数ミリだけ大きくし、並んだ際に若干ハミ出るサイズというのもお作りさせていただいたこともあります。


サイズを変えるだけであれば、予算もほとんど変わらず、他社と比べた際に印象に残ったり、目立つことが出来るのではないでしょうか。


ただ顧客に持ち帰ってもらうことも考えると、あまりにも大きすぎるものや、小さすぎてどこかに紛れてしまうということもあるのでご注意くださいね。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み