会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

パンフレット制作の重要なポイント

一言で「パンフレット」といっても様々な用途のものがあります。

例えば、

  • 営業用パンフレット
  • 事業紹介パンフレット
  • 商品紹介パンフレット
  • 商品カタログ用パンフレット
  • 施設案内パンフレット etc.

本当に多種多様で、数え上げたらキリがないですね。

パンフレットといっても非常に広義なので、一概に一言で表すのは難しいです。

辞書で調べると「宣伝,啓蒙のための小冊子のこと」だそうです。

いざパンフレットを作るにあたり、どんな準備をしたら良いかお分かりですか?

さぁ、いざパンフレットを作るといっても何から始めればよいか分からない方も多い事でしょう。

  • 記載内容の検討?
  • デザインの方向性?
  • 画像コンテンツの収集?

結果としてはどれも必要ですが、最初にとっていただきたい行動としては異なります。

パンフレットの作成を検討した段階で、まずはパンフレットの「ゴール設計」を明確にしてください。

いざパンフレットのゴール設計とは

パンフレットを使って受注をする

これも一つのゴールとして間違ってはいませんが、これではゴール設計が漠然としていて非常に曖昧です。


仮に受注がしたいのであれば、お申込方法やフォームの記載が必須です。

ですがそうなると、受け手(顧客)が1から10まで商材やサービスの内容を、そのパンフレットのみを使って完全に理解させなければなりません。


ですがそれではきっと、情報量が非常に多く、文字ばかりの煩雑なパンフレットになりかねません。

例えばゴールのハードルをもう少し下げて

  • まずはお問い合わせがほしい
  • アポを取りたい
  • 顧客のダイレクトな声やアンケートを取りたい
  • 見込み客のリストを取りたい
  • 商品・サービスの啓蒙を図りたい
  • etc.

このように、パンフレットのゴールを直接的な売上に繋げるのではなく、顧客とのコンタクトのハードルを下げたゴールにすることで記載する情報ももう少しスッキリと出来るのではないでしょうか。

あくまでパンフレット制作をマーケティングの「手段」として考えたとき、「目的」となるゴール設計があいまいだとやはり内容もブレてきてしまいます。

反応・反響の上がる販促ツール(パンフレット)は、ゴール設計がしっかりされていることが最前提です。

ゴールが明確に分かっていな以上、そこに向かう導線を作ることはできませんね。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み