会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン
分類 > 会社案内 作成

会社案内制作の担当窓口

俗に言う「良い会社案内」とは、デザインが良いではなく、「反応(反響)が上がる会社案内」というお話を以前もさせていただきました。


それではより反響の得られる会社案内を作るには、制作会社の選定は勿論のこと、社内で誰がその制作窓口として担当をすべきかということも非常に重要です。

会社案内制作は社内の誰が担当すべきか?

会社案内を制作される際に、制作会社との窓口となる担当者が必要です。

内容は主に制作会社との折衝です。


例えば、制作会社の選定から始まり、デザインの方向性を打ち合わせたり、デザインの修正指示や、スケジュールの管理などが主になります。


それでは社内のどなたが担当するのが良いでしょうか?

あくまでコチラ側の制作サイドの経験値としてのお話です。

制作とはクリエイティブな作業

まずNGなのは、御用聞きだけの担当の方。

本人に何の決裁権も与えずに、御用聞きだけさせても何のメリットもありません。


やはり仕事は楽しくなければクリエイティブな発想は生まれ辛く、本人の意思が反映されない以上、「仕事」ではなく「作業」に陥りやすくなります。


「仕事」ではなく「作業」になった時点で、「面倒をいかに避けるか」に傾倒していきます。


仮にAかBか?の選択肢になった場合、どちらが良いかの選択ではなく、どちらが面倒でないかという選択に流れていきます。


さらに決裁権という本人の意思がそこにないため、コミュニケーションに非常に時間が掛かります。


これでは単なる伝言ゲームですね。


そして制作会社からすると、いくら提案しても本人自体には響かないため、無難な提案に落ち着きやすくなっていくことでしょう。


こう考えると、メリットなど一つもありませんね。

結果として、会社にも本人にも何も残りません。


やはり会社案内は企業の顔となる非常に重要な販促ツールです。


会社として、制作を担当される人材にある程度の決裁権は与え、本人に責任をしっかりと持たせた上で作られたほうが良いのではないでしょうか?


では具体的に誰が担当をすると良いものができるのか?

次回の記事ではそんなお話をさせていただきます。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み