会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

デザイン制作会社の強みと弱み

前回の記事「会社案内やパンフレットの制作会社の違い」に引き続き、
会社案内制作・パンフレット作成における制作会社選定のポイントについてのお話しです。


制作会社は大きく分類して3種あるというお話をさせていただきました。

前回お話ししたのが印刷系の会社です。


安価で制作は可能ですが、デザイン性が乏しく、マーケティングの知識が低いというお話しをいたしました。

今回お話しする2つ目はデザイン系の会社です。

デザイン制作会社

デザイン系の会社は社内に印刷機械を持っていません。

デザインだけを行い、印刷は提携の工場や印刷会社に発注します。


ベンチャー系の会社が多いこともあり、少人数の企業も非常に多いです。


このデザイン系の会社の特徴は非常に幅広く、それぞれの企業ごとに強みを持っています。

ですが基本はデザイン性を売りにする企業が圧倒的に多いでしょう。


要は「素敵なデザイン」がこの手の会社のセールスポイントです。


前回お話しした制作会社のチャートで表現すると

  価格 :        ★★☆☆☆ ~ ★★★★★
  デザイン性 :     ★★★★☆ ~ ★★★★★
  マーケティング知識 : ★☆☆☆☆ ~ ★★★☆☆

といったところでしょうか。

デザイン制作会社の特徴

まず、料金体系は一概になんともいえません。


デザインという情緒的な比べようのない価値に対する価格なので、はっきり言って正解がない領域です。

同様の仕様でも、10万円~50万円くらいまで幅が広がります。


デザイン費は以前の記事「会社案内の制作費とデザイン費の関係」でもお話ししたように、

 「デザイン費が高い = 良いデザイン」

という方程式は成り立たないので、個人的な価値観の違いですね。


そしてマーケティング知識はやはり強いとは言い切れません。


若いベンチャーの企業も多いので、勉強している方もいらっしゃいますが、それはあくまで経営者層までの話です。


現場の営業マンは基本的にデザイナー上がりが多く、感性で物事を考える方が多いのも事実です。


企業の担当の方が会社案内やパンフレットの骨子や導線を設計できて、デザイン性が欲しいだけの場合には、デザイン系の会社が良いでしょう。


ですが相見積もりは必ず取られることをお勧めします。


やはり上記に述べたようにこの手の会社は価格の幅が非常に広いので、同様の仕様でも倍以上の振り幅があるのでご注意ください。


次回の記事では最後のひとつの制作業者についてお話しいたします。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み