会社案内・パンフレット制作の専門会社が教える販促ツール制作で失敗しないためのポイント

会社案内・パンフレットを手軽に作れる セミオーダープラン

デザインの表現で反響率が変わる

会社案内やパンフレットを作る上で重要となる3つの要素

「コンテンツ」、「USP(Unique Selling Proposition)」 に続く3つ目、「クリエイティブ」です。

デザインでの表現は誰のため?

クリエイティブとは簡単に言ってしまうと表現方法やデザインです。

先にも述べた「コンテンツ」と「USP」を、デザイン上でいかに表現するかがポイントになります。


  • ターゲットに合ったデザインがなされているか
  • 企業やサービスのブランドイメージとかけ離れてはいないか
  • 読みやすい導線設計とレイアウトか

読み手となる顧客目線でのクリエイティブ表現が重要となります。


例えばお年寄りがターゲットであれば、文字サイズを大きめにデザインしたり、分かり辛いコンテンツであれば図を挿入したりと、読みやすい創意工夫が必要です。


あくまで「美しいデザイン」がゴールではなく

読みやすく、理解できるツール = 反応・反響が上がる販促ツール

ということです。


その上で美しいデザインであれば何も問題ないわけです。

広告制作は芸術ではない

あくまで広告制作におけるクリエイティブとは

反応・反響が上がる > 美しさ

の関係でなければなりません。


販売促進を目的としたマーケティングツールは、表現の違いで反響率が劇的に変わることでしょう。



以上、3回に分けてご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?


「コンテンツ」、「USP」、「クリエイティブ」

この3要素が連動し、初めて顧客より「共感」が得られます。


  • 伝えたい情報は何か?顧客は何を求めているか?
  • 一言で表現できる売り言葉、他社との差別化
  • ターゲットに合わせた表現方法

以上の3つの要素を、会社案内制作やパンフレット作成の際にぜひ意識してみて下さい。

  • 前の記事
  • 記事一覧
  • 次の記事
  • 会社案内・パンフレットを手軽に作れるセミオーダープラン お手軽×低価格×短納期
  • ポケットフォルダーで作る会社案内 低価格・ハイクオリティー
  • お客様の目的やご予算に応じて、様々なタイプをご用意しております。
  • デザイン制作実績 株式会社リアクトが手掛けた豊富なデザイン実績はこちら
  • 会社案内制作
  • パンフレット制作

無料お見積り・ご提案のお申込み